「何日分の労働が家賃に消えているのか」を意識しながら暮らしている人は、ほとんどいません。自分の年収から所得税を引いた手取り額でさえ、よく分かっていない人もいます。