アメリカ不動産101

アメリカ不動産101 イメージ画像

ニューヨーク

シアトル、ポートランド、シカゴ、ナッシュビルなど、かつて不動産投資家が殺到していた都市も家賃の下落が始まりました。今年のうちに、利益率が低い物件、空室が目立つ物件は売ってしまって、「アメリカ不動産投資 冬の時代」に備えれば、まぁ、凍え死ぬことはないでしょう。
『アメリカ不動産投資は冬の時代に突入? シアトル、ポートランド、シカゴ、ナッシュビルで家賃の下落が始まる』の画像

住宅価格の高さで先頭を走っていたマンハッタンの不動産マーケットの潮目が変わりました。過去5年以上続いた「出せば売れる」「上乗せした価格のオファーが複数届く」状態は終わり、売りたくても売れなくなっています。この流れは、いずれ他の大都市、中級都市、地方都市へと波及していくでしょう。
『マンハッタンは買い手マーケットに突入! この流れは他都市に波及するか』の画像

アメリカの大学・大学院を卒業した留学生たちのうち、60〜70%が大学時代を過ごした「地元」で就職先を見つけます。外国で生まれ、人生の早い時期に「アメリカ正規留学」という比較的大きな決断をして、単身渡米してきた人たちでさえ、大学時代を過ごした住み慣れた土地から離れたがらないのでしょうか。
『留学からスタートして、アメリカで仕事も仲間も手に入れた“リア充”移民。さあ、次はマイホームだ!』の画像

↑このページのトップヘ