アメリカ不動産101

アメリカ不動産101 イメージ画像

アメリカで家を借りる

金利が高くなったため住宅ローンが組めず、家の購入を見送る人が増えています。賃貸に住む人が増えたのなら、家賃は上がっているはず。実際にアメリカ主要100都市の家賃は、直近1年でどう変化したかを数字で見ていきます。
『2018年のアメリカ賃貸マーケットを振り返る』の画像

シアトル、ポートランド、シカゴ、ナッシュビルなど、かつて不動産投資家が殺到していた都市も家賃の下落が始まりました。今年のうちに、利益率が低い物件、空室が目立つ物件は売ってしまって、「アメリカ不動産投資 冬の時代」に備えれば、まぁ、凍え死ぬことはないでしょう。
『アメリカ不動産投資は冬の時代に突入? シアトル、ポートランド、シカゴ、ナッシュビルで家賃の下落が始まる』の画像

アメリカ不動産101では、ニューヨーク、ボストン、シアトル、ワシントンDCなど、競争率が高い都市でも効率良く物件が探せるよう、賃貸のスペシャリストをご紹介しております。
『就労ビザ(H-1B)で働く日本人の賃貸物件探し』の画像

家賃がこの調子で上がり続けるのかどうかは、専門家のあいだでさえ意見が分かれます。でも、ひとつだけハッキリしているのは、マイホームを固定金利の住宅ローンを組んで買えば、これからウン十年、毎月の返済額は変わらないということ。
『家賃って、更新のたびに上がるのがデフォなの??』の画像

↑このページのトップヘ