アメリカ不動産101

アメリカ不動産101 イメージ画像

アメリカで家を貸す

あなたは理想のパートナーと出会い、結婚し、念願のマイホームを手に入れました。しかし、思いがけなくパートナーが病気で休職することになり、年収がほぼ半分に。この難局を乗り切るための話し合いで、「空いているベッドルームを他人に貸して、その家賃を住宅ローンの返済に充てよう」と提案したところ....
『結婚もマイホームもゲット。次に探すのはルームメイト!?』の画像

金利が高くなったため住宅ローンが組めず、家の購入を見送る人が増えています。賃貸に住む人が増えたのなら、家賃は上がっているはず。実際にアメリカ主要100都市の家賃は、直近1年でどう変化したかを数字で見ていきます。
『2018年のアメリカ賃貸マーケットを振り返る』の画像

シアトル、ポートランド、シカゴ、ナッシュビルなど、かつて不動産投資家が殺到していた都市も家賃の下落が始まりました。今年のうちに、利益率が低い物件、空室が目立つ物件は売ってしまって、「アメリカ不動産投資 冬の時代」に備えれば、まぁ、凍え死ぬことはないでしょう。
『アメリカ不動産投資は冬の時代に突入? シアトル、ポートランド、シカゴ、ナッシュビルで家賃の下落が始まる』の画像

ニューヨーク、サンフランシスコ、ボストンのような大都市では、民泊の規制が厳しくなり、廃業を強いられる物件オーナーが増えています。しかし、民泊ビジネスは終わったのかと言うと、まったくそんなことはありません。そこそこの経済規模がある地方都市では、まだまだおいしいビジネスです。
『来訪者は多いのに、民泊規制はゆるい。Airbnbで利益を上げやすい10都市』の画像

アメリカは国土が広く、都市によって基幹となる産業が異なり、成長率も違います。20代〜30代前半の若い人が、本業の年収アップ、不動産からの副収入の両方を望むのであれば、若年労働者の就業率が高く、成長性が高い産業(IT、化学、ヘルスケアなど)を擁する都市を選ばねばなりません。
『25歳〜34歳が、本業の年収アップと不動産からの副収入が望める都市』の画像

↑このページのトップヘ