アメリカ不動産101

アメリカ不動産101 イメージ画像

アメリカで離婚する

アメリカは国土が広く、都市によって住宅価格も人口も違うため、家の購入を検討中の方から「□□(都市名)は人口が増えているので家を買っても値下がりしませんよね?」とか「●●(都市名)で家を買うのはもう遅いでしょうか?」といった質問をよく受けます。私の答えは一貫していて、「その都市に5年以上住むなら買ったほうがいい」です。
『アメリカに5年住むなら賃貸より買った方がいい! しかし例外が2つ。』の画像

アメリカの不動産売買の現場で、マイノリティーへの差別発言に遭遇することがあります。Redfin社の調査に対し、昨年家を買ったマイノリティーの37%が「自分の民族や人種が理由で、売り手や不動産エージェントに軽く扱われた」と回答しています。
『「人種差別に遭遇する確率37%」なアメリカ不動産売買の現場』の画像

今回のアメリカ税制改革で、扶養費控除の削除が決定しました。変更にともない、長く“離婚予備軍”に甘んじていた人たちが、今までのグズグズが嘘のように我先にと離婚手続きに取り掛かり始めています。
『税制改革で、2018年のアメリカは離婚ラッシュ?』の画像

↑このページのトップヘ