Crawl spaceがある家とない家があるのですが、家を買うときは「ある家」をおすすめします。なぜなら、Crawl spaceに収納された機器が故障したときに簡単にアクセスできるからです。