アメリカ不動産101

アメリカ不動産101 イメージ画像

アメリカで子育てをする

アメリカの私立大学の学長。年収30万ドル〜50万ドル(3300万円〜5500万円)が213人もいます。年収100万ドル(1.1億円)以上も58人と、日本とは比べものにならないくらい高年収なポジションなのです。
『年収1億円超が58人! 私立大学の学長の年収がヤバイ』の画像

アメリカの金融大手サントラスト・バンクのアンケート調査によると、18歳以下の子供を持つ親の55%が「自宅を購入するときに子供の意見を取り入れた」そうです。
『子供にとっての「理想の家」とは?』の画像

アメリカの合計特殊出生率は1.84で、主要7カ国(G7)の中ではフランスに次いで第2位を誇ります。アメリカがまずまずの出生率を維持できている理由を、ニューヨーク・タイムズは「高学歴・40歳以上・未婚という、かつては出産から一番遠いところにいると思われていた女性たちが子供を産み始めたから」と分析します。
『母は強し!大卒・40代前半・未婚の女性の3人に1人が出産経験あり』の画像

↑このページのトップヘ