アメリカ不動産101

アメリカ不動産101 イメージ画像

アメリカで老後を過ごす

アメリカのミドルクラスは、自分の将来についてかつてほど楽観的ではなくなりました。ひと昔前は当たり前だった、結婚、子供、家の購入も、待っているだけでは手に入らず、自らの意志で掴み取りに行かなければなりません。そして、全部を手にいれるのが無理だと悟ると、優先順位を決め、高いものから取りかかります。
『アメリカのミドルクラスが結婚、子供、家の購入よりも「重要」だと考えているもの』の画像

先週公開された、ティモシー・ガイトナー氏、ベン・バーナンキ氏、ヘンリー・ポールソン氏のインタビュー動画を使って、白人男性の加齢による変化を勝手に分析してみました。
『不動産バブルと、白人男性の加齢による変化』の画像

アメリカには、退職して、子供たちも巣立った後に移り住む「リタイアメント・コミュニティ」がたくさんあります。終の住処を選ぶとき、その土地の気候や文化だけでなく、人種ダイバーシティーや住民の裕福さにも注意が必要です。
『リタイア後の「相対的貧困」に自尊心をゴリゴリ削られる』の画像

「カフェ、レストラン、駅、バス停留所に歩いて行けること」を英語でウォーカビリティ(walkability)と言います。アメリカの成人男女3,000人にアンケートをとったところ、88%がウォーカビリティが高い家に住むとクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)が上がると答えました。
『20代と70代の女性に人気の「ウォーカビリティ」ってなーんだ?』の画像

↑このページのトップヘ