アメリカ不動産101

アメリカ不動産101 イメージ画像

2018年11月

アメリカのミドルクラスは、自分の将来についてかつてほど楽観的ではなくなりました。ひと昔前は当たり前だった、結婚、子供、家の購入も、待っているだけでは手に入らず、自らの意志で掴み取りに行かなければなりません。そして、全部を手にいれるのが無理だと悟ると、優先順位を決め、高いものから取りかかります。
『アメリカのミドルクラスが結婚、子供、家の購入よりも「重要」だと考えているもの』の画像

アメリカ不動産は、約5年続いた「とりあえず買っておけば、放っておいても価格が上がる」時代が終わり、調整局面に入りました。この流れは、10億円を超えるような高額不動産のマーケットも例外ではありません。
『一足先に、10億円以上の高額不動産が価格破壊!』の画像

アメリカ不動産は、約5年続いた「とりあえず買っておけば、放っておいても価格が上がる」時代が終わり、調整局面に入りました。不動産のプロであるエージェントだけでなく、一般のホームオーナーも「すでに売り手マーケットではない」と認識し始めています。
『アメリカ不動産は、プロも素人も「来年は価格が下落する」で一致』の画像

北側がメリーランド州に、西側がバージニア州に隣接しているワシントンDCは、面積177平方キロメートルで、ほぼ長方形のかたちをしています。これは、港区、目黒区、世田谷区、品川区、大田区を合わせた面積とちょうど同じになります。と書くと、レストランを開業できるエリアが無数にあるように聞こえますが、ワシントンDCは土地の利用規制が厳しく、高層の商業ビルが少ないため、実際はかなり限られます。
『NYC、LAで成功したレストランが、次に向かうのは首都 ワシントンDC』の画像

↑このページのトップヘ