アメリカ不動産101

アメリカ不動産101 イメージ画像

2018年03月

不動産取引における機会の均等を掲げる団体、全米フェア・ハウジング・アライアンスと、その他3つのグループが、性別や家族構成によって異なる不動産広告が表示されるよう設計されているフェイスブックはフェア・ハウジング・アクト違反だとして同社を訴えました。
『よろけた相手にすかさず次の一撃を食らわせる、アメリカ流 “お作法”』の画像

ここ数年、日本の高校を卒業後、アメリカの大学に学部留学するお子さんが増えてきています。大学の近くに部屋を借りるのも悪くありませんが、いっそコンドミニアムやタウンハウスを買って、自分が「大家さん」になってルームメイトから家賃を徴収すれば、アメリカ不動産投資のノウハウが身につけられます。
『20歳でアメリカの「大家さん」を体験。そのスキルは一生モノ。』の画像

金融・コンサルといった高年収サラリーマン、弁護士・会計士などの高度専門職は、ニューヨークやサンフランシスコの中心部に家を買っています。一方、彼らを「雇用する側」の名門企業の経営陣や政治家ファミリーは、都心ではなく、車で30分ほど郊外にある超高級住宅街の物件を好んで買います。
『アメリカ版 六本木・西麻布がNYやSFなら、松濤・番町はこの街だ!』の画像

ホーム・セキュリティ大手のADT セキュリティ・サービスが「泥棒対策ガイド」を公開しました。アメリカでは薬物中毒者による違法薬物目当ての犯罪が多く、住人が在宅中でも平気で侵入してくる点が、日本と大きく違います。
『泥棒被害の28%が在宅中!狙われやすいのは、どんな家?』の画像

アメリカの合計特殊出生率は1.84で、主要7カ国(G7)の中ではフランスに次いで第2位を誇ります。アメリカがまずまずの出生率を維持できている理由を、ニューヨーク・タイムズは「高学歴・40歳以上・未婚という、かつては出産から一番遠いところにいると思われていた女性たちが子供を産み始めたから」と分析します。
『母は強し!大卒・40代前半・未婚の女性の3人に1人が出産経験あり』の画像

↑このページのトップヘ