アメリカ不動産101

アメリカ不動産101 イメージ画像

2018年02月

アメリカの不動産売買の現場で、マイノリティーへの差別発言に遭遇することがあります。Redfin社の調査に対し、昨年家を買ったマイノリティーの37%が「自分の民族や人種が理由で、売り手や不動産エージェントに軽く扱われた」と回答しています。
『「人種差別に遭遇する確率37%」なアメリカ不動産売買の現場』の画像

アメリカには、退職して、子供たちも巣立った後に移り住む「リタイアメント・コミュニティ」がたくさんあります。終の住処を選ぶとき、その土地の気候や文化だけでなく、人種ダイバーシティーや住民の裕福さにも注意が必要です。
『リタイア後の「相対的貧困」に自尊心をゴリゴリ削られる』の画像

2017年に家を買った36歳以下のホームオーナーの13%が未婚カップルでした。家の購入には大きなお金が動くため、法的に「他人同士」の未婚カップルは入念な準備が必要です。未婚カップルが家を買うとき、とくに重要な「オーナーシップの形態」を解説します。
『未婚カップル、家を買う。「こんなはずじゃなかった!」と思う瞬間』の画像

今回のアメリカ税制改革で、扶養費控除の削除が決定しました。変更にともない、長く“離婚予備軍”に甘んじていた人たちが、今までのグズグズが嘘のように我先にと離婚手続きに取り掛かり始めています。
『税制改革で、2018年のアメリカは離婚ラッシュ?』の画像

新築物件の購入時に不動産エージェントを使わないと、業者のカモにされやすくなります。内覧前に不動産エージェントをつけるのがベストですが、うっかり丸腰でビルダーのモデルハウスに行ってしまっても、絶対にその場でサインしないでください。
『新築物件の購入 業者のナメた態度に屈しないで!』の画像

↑このページのトップヘ