アメリカ不動産101

アメリカ不動産101 イメージ画像

2017年09月

2017年4月から6月に家を買った人が用意した頭金の中央値は18,850ドルで、2000年以降で最高額を記録しました。しかし、実際はこんなにたくさんの頭金がなくても家が買える都市があります。今回は、頭金5,000ドル(約60万円)以下でも住宅ローンが組める都市5つをご紹介します。
『セントルイス、バージニアビーチ、ペンサコーラ。頭金5,000ドル以下で家が買える都市。』の画像

アメリカでも、ビットコインで買える不動産が登場しました。ここらでスクリーンに並んだ「仮想」の数字を、不動産という「実物資産」にしておきたい、ビットコイン長者のみなさん、いかがですか?
『ビットコインで買えるアメリカ不動産』の画像

トランプ大統領が、幼少時に親とアメリカに不法入国した若者の在留を認める制度(DACA)を撤廃しました。移民嫌いな大統領の次のターゲットは、米国永住権(グリーンカード)取得者。年間100万人いるグリーンカード取得者を半分にしたいようです。
『「年収2000万円以上、30歳以下、院卒以上、英語が話せる人じゃないと無理!」 港区女子より高望みなアメリカ移民半減法案』の画像

↑このページのトップヘ