日本の年収体系は、欧米やシンガポール、香港よりも低く設定されています。実力がある若い世代には、アメリカや日本以外のアジアの国でキャリアを積む「グローバルスタンダードな働き方」をしてほしいです。