アメリカ不動産101

アメリカ不動産101 イメージ画像

2017年03月

アメリカで不動産エージェントから上客扱いされたい方には、「仲介者」を通すのをお勧めします。お付き合いの実績がある提携先の不動産会社から紹介されたお客様は、自社の評判、今後の紹介数がかかっていますので、エージェントは緊張感を持って業務にあたります。
『家の値段に関係なく、不動産エージェントに「上客」扱いされる方法』の画像

アメリカでは、パートナーの不眠症やレム睡眠行動障害が眠りの妨げになるため、別々の寝室で眠るカップルが増えています。このトレンドを受け、同じ面積でもマスター・ベッドルームが2つある家は、マスター・ベッドルームが1つの家と比べて、平均で9パーセント高い値段で売買されています。
『寝室を別々にするのが幸せな結婚の秘訣、なのか?』の画像

将来売ることを前提に家を買うアメリカでも、新聞や住宅雑誌で「持ち家か、賃貸か」論争を見かけることがあります。中古住宅でも資産価値が落ちないなら、アメリカでは「持ち家派」が有利なはずなのに、なぜ多くのアメリカ人が「持ち家か、賃貸か」論争に興味を持つのでしょうか。
『アメリカ人も大好きな「持ち家か、賃貸か」論争』の画像

↑このページのトップヘ