アメリカ不動産101

アメリカ不動産101 イメージ画像

2016年11月

アメリカ人の夫との離婚。夫から家を買い取るだけの現金、もしくは与信がないのなら、今住んでいる家は売却するのがベストです。なぜなら、経済的自立ができるまでは、住宅ローンの足かせがないほうが人生を立て直しやすいからです。
『アメリカ人の夫との離婚!家を手放すのは恥だが役に立つ』の画像

アメリカ人の夫と離婚し、今の家を夫から買い取ると決めたとき、かならずアプレイザーを雇って適正価格を査定してもらってください。アプレイザーは、家のフェア・マーケット・バリュー(売りに出したらいくらで売れるか)を算出するプロフェッショナルです。
『アメリカ人の夫との離婚!このまま家に住み続けるには?』の画像

アメリカでは50代後半の離婚率が47%まで増えています。50代というリタイアメントを目前にした年齢での離婚は、経済的に依存してきた側にとってはリカバリーがたいへん難しい状況になります。
『アメリカ人の夫から離婚を言い渡されたら』の画像

↑このページのトップヘ