アメリカ不動産101

アメリカ不動産101 イメージ画像

2016年09月

最近また、家のフリップが増えてきました。フリップ業者のビジネスモデルは、「安く買ったボロ家にいかに付加価値をつけて、短期で高く売り切る」です。彼らがフリップした物件を自宅として購入するバイヤー向けに、「高見せを見破るスキル」を公開します。
『18件に1件が、短期の転売目的のためにフリップされた家。買い手が気をつけるべき注意点3つ』の画像

アメリカの不動産マーケットは、春先から夏にかけてがもっとも取引数が多いです。いわゆるスプリング・マーケットと呼ばれる時期ですね。8月は、スプリング・マーケットの余韻を残しつつも、取引数はゆるやかに少なくなってくる頃です。全体としての流れはペースダウンする季
『2016年8月、不動産売買がアツかったのはこの都市だ!』の画像

↑このページのトップヘ